ゼミ紹介

 

 調査研究報告

研究報告はこちら

 

 

間野ゼミについて

間野ゼミについて

間野ゼミは2002年に開講しました。
学部2年生から修士課程(2年制)、修士課程(1年制、社会人)、博士後期課程学生まで、合計50名を超える大規模なゼミです。
大所帯なので、ゼミ生の個性も実に様々ですが、間野ゼミは非常にアットホーム且つ個人を尊重するゼミです。
スポーツが好きな人、スポーツ政策に問題意識を抱いている人、スポーツの在り方について考えたい人、等など興味・やる気のある方なら誰でも歓迎します。
根気強く考え、出席し、一緒に勉強していきましょう。

授業内容

4年生

学部4年生のゼミは、毎週木曜日の3限に東伏見キャンパスで行われています。主に卒業研究に向けての活動を行っています。卒論提出に向けて進捗状況などを報告し合い、意見交換をしながら、先生や院生の先輩などからアドバイスをいただきます。

学部3年生のゼミは、毎週木曜日の2限または3限に東伏見で開講しています。スポーツ政策やスポーツビジネスの専門書を読み、自分の考えを構築します。

学部2年制のゼミは、毎週木曜日の2限に東伏見で行われます。文明の進化過程に関する書籍を読み、スポーツと文明について広く考察します。

また、毎回の授業の最初に1分間スピーチがあります(これは学部の全ゼミであります!)。
内容は自由なので、趣味や近況報告やスポーツネタや恋愛(?)などの身近な出来事から、気になるニュースや社会問題に対する意見など、話題は様々です。

雰囲気はかなりアットホームで笑いが絶えません。
オンオフの切り替えをしながら、真面目に楽しく勉強をしています。
 


学部2年生までの勉強と比べると、研究期間も長くやることも難しいことが多いです。このコンテストを通じ、勉強面だけでなく大学生として、人として成長していけたらと思います。

ゼミ生はとってもとっても仲が良く、ゼミ後はみんなでお昼ご飯を食べます!個性的な人ばかりでちょっと変わった雰囲気の、いやアットホームな雰囲気です!

2年制修士ならびに博士後期課程のゼミは毎週水曜日の4~5限に東伏見キャンパスで行われています。

大学院生たちは2週間に1回ずつの担当の持ち回りで、各々が進めている研究の進捗状況についての報告を行い、それについて間野先生を含めた皆で意見交換を行います。

研究については、総合型地域スポーツクラブやJリーグ・プロ野球などの民間スポーツクラブ、地方自治体などの様々な団体に関連のあるプロジェクトが多いことが特徴です。修士学生の段階でスポーツビジネスの現場の最前線に立ち、活動を行うことが出来ます。
また、ゼミ合宿やソフトボール大会、テニス大会、ボート大会などといった様々なイベントも行っており、研究・学業活動を含め、非常に有意義な修士学生生活を送っています。
 

社会人修士ゼミは、毎週木曜日の6限に早稲田キャンパスで行われています。
社会人修士ゼミでは、3週間に1回の担当持ち回りで、各々が進めている研究の進捗状況についての報告を行い、間野先生からの時に厳しく時に優しい指導の下、活発な意見交換や議論を行っています。またその場には、2年制修士と博士後期課程の学生も積極的に参加していて互いに良い刺激を与えあっています。
 
様々な職場、環境から来ている社会人学生の属性は、元プロスポーツ選手や一芸に秀でた人から、上場企業マネジメント、行政、非営利法人代表等様々であり、研究テーマは我が国の「スポーツ立国」宣言にある諸施策実現に関連する実務に近い内容からアカデミックなものまで社会人ならでは、といったものばかりです。
 
社会人修士ゼミは、昼間は働きながら平日夜と土日を中心といった講義を受講し、1年間という短い期間の中で修士論文を完成させなければなりません。しかし、その分密度の濃い充実した時間を間野先生の下で送っています。