• トップ
  • トピックス
  • 2015年度 修士課程1年制コース 優秀論文発表会が開催されました。

トピックス

2015年度 修士課程1年制コース 優秀論文発表会が開催されました。

2016/03/15

先日、本年度の修士課程1年制の優秀論文発表会が開催されました。

本会は、その年の修士課程1年制コースにおいて提出された、特に優秀な修士論文を表彰することを目的として開催されています。本年度、間野研究室(スポーツクラブマネジメントコース)からは、井出さん、木間さん、中村さん、松瀬さんの計4名の方が優秀論文賞を受賞されました。
なお、本年度の最優秀論文賞は、トップスポーツマネジメントコースの山下大悟さん「大学ラグビーにおける選手獲得戦略」が受賞されました。

井出智也さん                          
「企業スポーツからの撤退モデルの再検討」       


木間奈津子さん
「総合型地域スポーツクラブが媒介するコミュニティ・レジリエンス」



中村勉さん
「地域の定住人口に対するプロスポーツクラブの影響について」


松瀬学さん
「国際スポーツイベントの開催是非における被災地住民の心理的構成概念の抽出と比較」
※当日はご都合により御欠席

その他コースの受賞者の方々は、以下の通りです。

トップスポーツマネジメントコース
足立夢実さん 「シンクロナイズドスイミングにおける強豪国の戦術に関する研究」
服部宏さん 「競技人口減少下におけるゴルフ場経営に関する研究」
福田岳洋さん 「MLB本拠地の立地条件と観客増員策の日本プロ野球2軍での実行可能性に関する研究」

健康スポーツマネジメントコース
青木成宏さん 「顎関節症術后理学療法における関節機能の再検討」